CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


<< 北陸ツーリング_2 | TOP | 北陸ツーリング_4 >>
北陸ツーリング_3

20130508_23.jpg
国道160号を北上してすぐに氷見市に入り、国道415号にスイッチして駅前へ。
氷見駅前に近づくと交通量が増えて、氷見漁港周辺では渋滞が発生していました。
藤子アニメの看板がたくさんあって、後から調べたら藤子不二雄A先生の出身地!
そんなことを知らずに、海鮮市場的な場所を目当てに氷見漁港にやってきました。
12時32分、GWで大混雑の氷見漁港に到着。


20130508_24.jpg
漁港周辺の駐車場はどこも満車で、駐車できない車が道路に溢れている状態。
近くにある地元の食堂は行列ができていましたが、海鮮市場はどこですか。
辺りをキョロキョロ見渡していたら、移転のポスターを発見しました。
カブに乗って移転場所のひみ番屋街に行ってみると、ものすごい数の観光客。
GWを舐めてました。氷見市での昼御飯は諦めて次の街に向かいます。

石川県七尾市の七尾港にあるフィッシャーマンズワーフ、能登食祭市場へ。
国道160号に戻り、海岸線を北上!

20130508_25.jpg
能登立山シーサイドライン。富山湾の向こうに立山連峰が見えます。
海と空の青さに心を奪われてしまい、撮影回数が増えて前に進みません。

20130508_26.jpg
ずっとこんな風景を見ながら走ります。
大阪府の山のほうで生まれ育った僕にはたまらない道。
最高やー!

20130508_27.jpg
12時59分、石川県七尾市に入りました。
なんて爽やかな県境だろう。素敵すぎる!

20130508_28.jpg
展望の良い場所を見つけては写真を撮って、景色を眺めて。
時間が押してきて焦ってはいるんですけども。

20130508_29.jpg
(・∀・)Yeah!!

国道160号は西に方向を変えて七尾南湾に出てきました。
街の中心部に近づくにつれて道路が混雑してきました。
なんとなく、嫌な予感。

20130508_30.jpg
13時37分、能登食祭市場に到着。
駐車場は満車で、右折車線は何回信号が変わっても動きません。
ここも一瞬で諦めたわけですが、七尾市内の渋滞はちょっとおかしい。

20130508_31.jpg
JR七尾駅と能登食祭市場を結ぶ街のメインストリートの歩道に屋台が連なってます。
対向車線の車は完全に動かなくなっていて、歩行者が車道まで溢れてる場所も。
いくらGWとはいえ、ここまで混んでるとは思ってませんでした。
何かイベントが開催されてるのでしょうか。

20130508_32.jpg
チェックしていたカフェ、カントリーロードの前にも臨時のお店があって、
電話をしてみると店内も満席でかなり待たないといけないみたいで諦めました。

海鮮市場での昼御飯、またいつかどこかで。
街外れのファミマでコーラとファミチキというジャンクな昼御飯。
今回は残念でしたが仕方ないです。頭を切り替えていきます。

県道3号に入り、能登半島の西側に移動します。
信号の少ない道で、すぐに西側に出てきました。
国道249号に入って南下します。

20130508_34.jpg
今日の最終目的地、羽咋市にやってきました。
道路が赤茶色なのは凍結防止剤の影響?ということは積雪の多いエリア?
なぎさドライブウェイがある町、という情報しか知りませんでした。

20130508_35.jpg
15時20分、千里浜なぎさドライブウェイに到着。
車やバイクで走ることができる砂浜、なぎさドライブウェイです。
有名すぎてこれまで来ることがなかった観光名所。
砂浜にはたくさんの車が停まっていて、ロケーションがあまりよくない。
砂浜を走るのは明日の早朝にしておきます。

20130508_36.jpg
砂浜の北端にあるドライブイン。駐車場で砂の像を作っていました。
ドライブイン1階の物産店の奥の事務所に行って、キャンプ場の受付をします。

20130508_37.jpg
今日はドライブインの隣にあるキャンプ場、千里浜なぎさモビレージでキャンプ。
キャンプ場というか、草が生い茂った空き地のような感じで、全てフリーサイト。
サイトには夏季のみ利用可と記載されてましたがGWも利用できます。他は要確認。
キャンプ場入口に事務所の電話番号が書かれた看板があって、そこに電話してから
事務所で受付。炊事場とトイレはあるけど川の水を使用してるって言ってたような。

今のところ利用者は僕以外に1人だけで、豊橋ナンバーの大型バイク。
旅慣れた雰囲気を感じたものの、近くを通った時に会釈したら気づいてもらえず、
それからはお互い意識してるけど距離をキープ、みたいな変な緊張感。

20130508_38.jpg
平らな場所が少なくて、やっと見つけた良さげな場所は豊橋ナンバー氏のすぐ近く。
こんなに広いのに近くにテントを張るとか、なんかすみません。

20130508_39.jpg
設営して、荷物をテントの中に入れて、お風呂セットだけ持って出掛けます。
受付でもらった羽咋市MAPを見ながら、まずはお風呂へ。

20130508_40.jpg
ユーフォリア千里浜という公共施設っぽいお風呂屋さん。
スポーツジムやプールも併設されてます。
更衣室にあったテレビで北陸ローカルのニュース番組が放送されていて、
GWで賑わう観光名所を紹介するコーナーで七尾市が映っていました。
「青柏祭」という日本一大きな山車を曳く行事が行われていたらしく、
その影響であんなに混雑していたとわかりました。

お風呂の後は地元のスーパーで買い出し。
完全マイバッグ制のスーパーだと知ったのは会計後。
お金を払えば袋を買えるんだろうけど、レジが混み始めて言い出せず。
お風呂セットを入れていたテールメイトに入るだけ詰め込んで、
牛乳は帽子に入れて顎紐を腕に巻きつけ、水は手に持って。
スーパーからキャンプ場までカブで1分という距離で助かりました。

20130508_42.jpg
キャンプ場に戻ると、キャンパーが3組ぐらい増えてました。
堺ナンバーのファミリー、大型バイク数台、レンタルキャンピングカーの若者グループ。
友人達と割勘してキャンピングカーを借りて出掛けるのもいいなぁ、と少し興味がわく。
水曜どうでしょうのアラスカみたいで楽しそう。

20130508_43.jpg
晩御飯は話題の缶詰、いなばのタイカレーのイエローとグリーン。
家から持ってきたお米を炊いて、缶詰も温めて、調理終了。

20130508_44.jpg
ご飯が炊けるまでの間、ビールを飲みながら夕日を見ていました。
2009年の新潟・紫雲寺では悪天候で見れなかった日本海の夕日。
あの日も晴れていたら、こんな風に綺麗に見れたのかな。

20130508_45.jpg
何をしようと時間をどう使おうと自由なのに、ソロキャンプが久しぶりすぎて
1人の時間の使い方が下手になった気がします(・Д・)自由って難しい。

20130508_46.jpg
ご飯ができました。見た目はアレですが、おいしかったです。
いなばのタイカレーは好き嫌いがはっきりと分かれるみたいですが、
僕はイエローもグリーンもおいしく感じました。辛さもぎりぎり大丈夫。

20130508_48.jpg
夕日が沈んだ後のマジックアワーを眺めながら飲むビールは旨い。

食べ終わって、いつも後回しにする洗い物をすぐにやって、ゴミをまとめて、
歯磨きをして、テントの中にもぐり込んで、20時には就寝スタンバイ完了。
寝るには早い気がして、少しだけ星空と海を眺めてから寝ました。
星空の下で聴く笹川美和のプリズムは感動3割増しでした。

まだ1日目が終わったところですが、既に大満足のツーリング。
早朝は寒かったけど、空は青いし海は綺麗だし、立山連峰はかっこいいし。
今日はたくさん睡眠を取ってから出発したので、疲労もなく楽しく走れました。
キャンプ道具背負って400km、余裕でした(・∀・)

明日は日の出と共に行動開始。
早朝の砂浜を笑顔で走るおっさんがいたら、きっと僕です。


つづく★



(・З・)click!!
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

posted by オックン | 03:26 | FUJI ROCK FESTIVAL | comments(0) | - |
コメント
コメントする