CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


<< タイ北部ツーリング_5 | TOP | タイ北部ツーリング_7 >>
タイ北部ツーリング_6
20150411_01.jpg
2015年3月21日(sat)
6時に起きて朝の散歩に出掛けました。
ホテルの外に出ると、野焼きの煙を含んだ空気で街が真っ白に。
昨夜カフェのスタッフに預けていたWAVEはホテルの前に移動してくれていました。
イミグレーションの受付開始は8時と認識していたけれど既に人が並んでいる様子だったので、
腕時計で時間を確認するとまだ6時30分。あれ?っと思ってiPhoneを見ると表示されていた時間は6時。
8時になる前に受付が始まっていることよりも、iPhoneの時間が遅れていることのほうが気になり、
ミャンマーと日本の時差を調べたら2時間30分で、タイとの時差よりも30分遅いことがわかりました。
iPhoneは自動で現地時間に設定されますが、国境の街メーサイではミャンマーの時間に設定されるようです。
 
 
20150411_02.jpg
メーサイの市街地方面も真っ白。

ホテルに戻って荷物をまとめて、7時30分にチェックアウトしました。
これからミャンマーに一時入国して、ミャンマー側の国境の街タチレクを散策します。
バイクでも国境を越えられるけど外国人だと手続きが大変そうなので、歩いて行きます。

20150411_04.jpg
路肩に屋台が並び始めて、歩行者の姿も増えてきました。
まずは国境ゲートの左側にあるタイのイミグレーションで出国手続きをします。

20150411_03.jpg
ミャンマーのタチレクの地名が入ったベストを着たバイクタクシー。
民族衣装の巻きスカート、ロンジーを履いています。

20150411_05.jpg
通常ミャンマーに入国するにはビザが必要で、ビザ取得はネットか郵送で手続きをします。
メーサイからはビザが無くても日数限定での一時入国が可能で、1日の入国料は500B(約1840円)です。
ネット情報だとミャンマーのイミグレでパスポートを預けて一時入国の顔写真入りエントリーパーミットを
発行してもらって入国するらしいですが、最近変更されたのかパスポートを持ったまま入国できました。
タイ側での出国手続きは航路と同じ流れで、ミャンマーから戻ってくる時に入国カードを再度記入するようです。

20150411_07.jpg
国境の橋を渡ります。
左がタイ、右がミャンマー。

20150411_08.jpg
ラインも何もないのでわかりにくいけれど、国境線を跨いでいます。
念願の陸路での国境越えを果たしました。

20150411_06.jpg
7時50分、ミャンマー入国です。
ミャンマーのイミグレーションは右側にあるので道路を横断します。
事務所のような場所で顔写真を撮り、パスポートのチェックをして入国手続き完了。

20150411_09.jpg
スタンプが増えました。

一時入国は通常の入国と違って行動範囲が制限されています。
行動可能なのは国境から5km以内、タチレクの街の中だけです。
イミグレにあるミャンマー観光局で追加の許可を取ると行動範囲が広がるようです。

20150411_10.jpg
小さな川を渡っただけですが、街の雰囲気がガラッと変わりました。
この辺りは昼間は観光客向けの土産屋が並ぶようです。

20150411_11.jpg
国境からまっすぐ進むと大きなロータリーに出てきます。
ここがタチレクの中心部、一時入国での散策の起点です。

20150411_12.jpg
ロータリーの辺りに行くとたくさんの男性達に囲まれました。
みんな観光ツアーの勧誘で、タチレク周辺を数時間で回るツアーを勧めてきます。
他にも物売りの人達がいて、偽たばこや偽バイアグラを強引に売りつけてくるので要注意。
少し語気を強めて拒否しながら歩きました。

20150411_13.jpg
紫色の巻きスカートの男性も物売りの1人で、両替できる場所を尋ねたら案内してくれました。
両替をしている個人商店に案内してくれて、チップも要求せずに笑顔で立ち去る男性。
こういう場所ではきっちり要求してくるだろうと思っていたので少し意外でした。

20150411_14.jpg
レートも何もわからないまま、とにかくミャンマーの紙幣が欲しくて20B紙幣を手渡すと、
500Ksと50Ks紙幣が戻ってきました。後で調べると20Bが約70円、550Ksが約55円でした。
ミャンマーでよく使われている一番大きな紙幣は5000Ks(約500円)で、高額商品を買う場合は札束が必要です。
そういえばミャンマーの人達が札束を抱えて買い物をする光景をテレビ番組で見た記憶があるような。
タチレクではタイバーツが使えますがミャンマーの紙幣に両替したのは通貨が「チャット(Kyats)」だから。
バンド名の由来ではないけどチャットモンチ―が好きな自分としては手に入れておきたくて(・∀・)

20150411_15.jpg
ビルマ語で書かれたナンバープレート。
ミャンマーでも市民の足は小排気量バイクです。

20150411_16.jpg
SUZUKIの軽トラックの荷台に座席を設置したソンテオがありました。
観光ツアーの移動で使われるようです。

20150411_17.jpg
ミャンマーの道路は日本やタイと違って右側通行です。
車やバイクの運転はかなり荒くて、常にクラクションが鳴り響いています。

20150411_18.jpg
揚げパンのようなものを売っているお店で1本購入。8B(約30円)
味は特になく、ただ揚げているだけのパンです。

20150411_19.jpg
少し街を歩いた後、交差点の角で休憩。
座っていた場所はバイクタクシーの待機場所だったらしく、運転手の男性と色々と会話。
ミャンマーはビルマ時代にイギリスに統治されていた影響もあって英語を話せる人が多いようです。

20150411_20.jpg
携帯電話で動画を見せてくれましたがビルマ語がわからなくて内容がわかりませんでした。

20150411_21.jpg
日本で一番有名なステッカーやで、と説明して式ステッカーを渡したら微妙な表情(笑)
仕事に戻る時にステッカーをハンドルに貼るジェスチャーをしてくれました。
タチレクに行く機会があれば式ステッカーを貼ったWAVEを探してみてください。

20150411_22.jpg
バイク用品店にはヘルメットやエンジンオイル、添加剤、前カゴ等が売っていました。
走ってるバイクを見ると大半がノーヘルですが、ヘルメット着用が少しずつ進んでいるようです。

20150411_23.jpg
日用品を売っているお店。
メーサイの商店街にあった日用品はこういう場所に流れているのかも。

20150411_24.jpg
床屋さん。

20150411_25.jpg
縫製屋さん。

20150411_26.jpg
ケーキ屋さん。

20150411_27.jpg
某猫型ロボットのケーキ。

20150411_28.jpg
WAVEのセンター部分のシートが気になります。

20150411_29.jpg
三人乗り用のシート。これ欲しい!

20150411_31.jpg
国境の近くにいた外国人団体客はこれからツアーに出発するようです。
外国人を見ると必ず近づいてくる子供の僧侶が御布施をがっつりもらっていました。
タイの僧侶は女性に触れてはいけないという話を聞きますが、ミャンマーは違うのでしょうか。
観光客に肩を組まれて写真を撮ったりしていて、僧侶かどうかも怪しく思えてきました。

20150411_32.jpg
入国してくる外国人を待ち構える物売り男性。
時間が経つにつれて人数が増えていきました。

20150411_37.jpg
ざっくりとタチレクの街を歩いてみて、タイとの発展の差が想像以上だったことに驚きました。
ミャンマーといえば民主化で経済発展が進んで高層ビル建設ラッシュというイメージでしたが、
それは首都ネピドーや旧首都ヤンゴンぐらいなのかも。タチレクでも栄えているほうだと思うし。
街を歩く人の姿を見て多民族国家というのも納得できたり、日常の風景に見どころがたくさん。
日焼け止めのタナカを顔に塗った人も見ました。

20150411_30.jpg
またミャンマーを訪れることがあれば仏教遺跡のバガンに行ってみたい。
それと、巻きスカートを履いてみたい。

20150411_33.jpg
タチレク散策を終えて、メーサイに戻ります。
ミャンマーの出国は国境ゲート右側から、特にチェックはなく素通りできました。

20150411_34.jpg
国境を越えます。

20150411_35.jpg
タイの国境ゲート左側のイミグレーションで入国カードを記入。
エントリーパーミットでの入国の列には並ばず、先に進んでパスポートチェック。
手荷物検査はなぜかパスされて、再びタイに入国しました。

20150411_36.jpg
ホテルの前に戻ると僕のWAVEの上に近くにいた女性の荷物が置かれていました(・∀・)

ミャンマーではグローバルWiFiのルーターが使えなかったので、ここで嫁氏への連絡やウラシキの更新。
ルートを確認して、次の目的地に向かいます。



つづく★


(・З・)click!!
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村  
posted by オックン | 08:39 | Thailand | comments(0) | - |
コメント
コメントする